古くなった畳を張替える時の心得

住まいは長く住んで古くなってきますと、居住スペースのあちこちもだんだんとメンテナンスなどが必要になってきます。そのようなメンテナンス箇所のひとつとして、和室にある畳も検討されることが多い場所です。リフォーム工事などでも扱うことの多い畳の張り替えですが、そこまで大掛かりな工事をしなくても見た目をリフレッシュさせる手軽な裏技として、張り替えをご自分でされる方も多いのです。張替えにはいくつかの方法がありますが、専門業者に依頼して表面を張替える以外にも、自分で裏返して表面を新しくすることもできますので、これだけでも見栄えもよくなりお部屋全体も明るくなって綺麗にできるものなのでお勧めです。ご自分で裏返しする方法を利用して、少しでも住まいを快適にリフレッシュすることができればお得ですのでお勧め致します。

畳の裏返しは費用面でのメリットがあります

畳の部屋はとても過ごしやすく、使うほどに足にも馴染んでくる代わりに、だんだんと薄汚れてきてしまったり、表面の滑らかさがいつのまにかなくなって硬くなってきてしまうことも多い箇所です。普段から洗剤を使って拭き掃除をしていても、長い間に染み込んでしまった汚れで畳全体が薄暗く見えることも多いものです。また太陽の光が和室にもあたるのであれば、日焼けをしてしまうことも多いです。このような汚れが目立ってきているだけで、他には大きな支障や壊れた箇所が無い時には、業者に張替え依頼をして交換をするよりも、一度ご自分の手で畳を裏返してみることをお勧めします。業者に頼まない分だけ費用面での心配がいらないですし、初めての裏返しの時には、反対側は未使用の綺麗な状態の畳の裏面のままのわけですから、見栄えが良くなる可能性も高いのです。

畳の張替えは表面を裏返して新しくする

畳は表面の部分であるござ状の表と芯の材料の板状の部分、そして表を床に固定する役目である縁の帯の部分の構成からできています。業者に畳の張替えを依頼すると、それぞれの部分の劣化具合によって、施工が必要となる箇所を判断されます。多くは表替えという施工で、費用をかけて表面のゴザを新しくして見栄えを良くする方法が取られますし、業者によって施工方法も違ってきますので、費用面にも差が出たりもします。ご自宅の和室を見て、目視で目立つほどの箇所や汚れがないのでしたら、ご自分でできる限り裏返しをされる方がお手軽ですし費用面での心配もいらないのでお勧めです。単に裏返すことで張り直す方法ですが、ただし床に固定をする畳縁は、新しい物を使って直す方が持ち良いですので、その点の扱いが難しいと判断するのであれば、裏返し施工を業者に依頼をするのもコスト的に抑えられます。

熊本産の1本1本選別した良いものだけを使用した畳表を取り扱っております。 初めての畳替えで何をしたらよいかわからない方も安心してご相談いただけるように心がけています。 お客様の大事な畳や、襖、障子などの作業時における万が一に備え賠償保険に加入しております。 畳表の柄も選ぶことができ、お客様のお部屋にあった畳表をお選びいただけます。 畳の張替なら信頼と実績のまごころ畳へご依頼ください