畳張替えのメリットとデメリットを教えます

フローリングが主流となってきている昨今の住宅事情ですが、昨今畳の部屋も徐々に人気となっています。フローリングよりも清潔なイメージがあり、また横になれる心地よさ、いぐさの香りなども魅力があります。自然素材ならではの調湿効果がある畳は、季節にあった心地よさを作ってくれます。また床よりもクッション性が増し、物音を軽減できます。和室であれば床にお布団を引いて使用することもでき、押し入れがあれば収納力もアップします。上にフローリングシートを引いて模様替えも可能ですので、汎用性が高いこともおすすめです。畳はメンテナンスをすることで長く心地よく使えるのがメリットです。自然素材の良さを生かすためにも定期的に裏返しをしたり張替えをする必要があります。日焼けによる変色は避けられず、数年に一度の裏返し、表替え、また土台となる畳床も傷みに応じて交換が必要になるなど、費用がかかるのがデメリットといえます。

畳の張替え、知っておきたい事とおすすめの時期

畳の張替えを検討しているなら、畳の状態や張替え時期をしっかり学んでおきましょう。畳は傷んだら張替えという訳ではなく、状態に応じたメンテナンスが可能です。まずは日焼けが目立ってきたらまずは「裏返し」、表面が傷んできたら「表替え」、畳床が傷んできたら「畳替え」となります。和室の使用頻度や日当たりにもより、おすすめ時期は異なります。しかし汚れたままの状態で長く放置してしまうと、畳床まで劣化させてしまったり、人体への影響を及ぼす場合もありますので、タイミングを見落とさないようにしましょう。畳の張替えは、畳にカビが生えやすくなってしまうので、湿気の少ない時期に行うのがおすすめです。また畳表の質はピンキリで、ニーズに応じた選択ができます。いいものほど長くいぐさの良さを感じられます。

畳の張替え時に検討すべき畳屋の選び方

畳の張替えはいろんなところで行っています。ホームセンターやリフォームを行っている工務店などは安く広告を出していることもあり選択肢に入れてしまいがちですが、やはり畳のことは畳職人のいる畳屋に依頼するのがおすすめです。地域の評判のよい畳屋を探し、直接依頼してみましょう。特におすすめは国家資格である「一級畳製作技能士」がいる畳屋です。また張替えの際には家具の移動が必要になる場合があります。ひとりではなかなか動かせず困ってしまうこともあります。家具の移動を無料で行ってくれる畳屋を選ぶのもおすすめです。畳は種類が大変多く、グレードに応じて予算も変わってきます。可能であればいくつかの畳屋に相場を聞いてみるとよいでしょう。畳選びに親身に相談に乗ってくれるようなところやきちんとした作業場を持っている畳屋を選択するとよいです。